昔の職場の同僚で口臭のキツイ女性がいました

昔の職場の同僚で口臭のキツイ女性がいました
ニンニクがしばらく経った後ような、なんとも言えない匂いがしていました
本人はまったく気づいていない様子で、指摘もしづらく困りました
さすがにこれは、という日は本人に「昨日ネギか何か食べたでしょ?(あくまで冗談っぽく)」と言ってみて、少しでも歯磨きか口臭予防のタブレットを口に入れてもらえるように気を使っていました
ただ、その場では対応するのですが何しろ本人が無自覚なので都度伝えても継続せず、すぐに気にしなくなってしまっていました
タバコも吸う女性だったのでなおさら臭ったのかもしれないです
その後、社外の仲の良い人からも言われてしまった時は、さすがに手の打ちようも無いと思って諦めた記憶があります。

職場の上司で口臭がキツイ人がいました。どれぐらいキツイかと言うと、その人が使った後の電話の受話器からも臭いがする程でした。
福祉職だったので、普段は感染症予防でマスクをするのが基本でしたが、お互いにマスクをしていても感じるレベルの口臭です。そこまでの強烈な臭いに、本人は気がついていないのか、また家族からの指摘は無いのかなど、疑問でした。
その上司は体臭もきつかったのですが、夜勤のある不規則な生活や加齢の他にも、インスタントやコンビニスイーツを食べている姿を多く見かけ、食後には歯を磨いていないようでした。
臭いの原因の中にはある程度やむを得ないものもあると思いますが、食生活などの自分で変えられることや、歯を磨くといった当たり前のことは、するべきだと思います。

例え家族などの近い人であっても話をするとき自分の口臭がしているのではないかと気になることがある。自分ではわからないものとよく聞くが、それでも実際に人に指摘されると頭にくる。私は匂い玉が出ることがあるので口臭対策は人一倍気を使っているつもりだが一度気にし始めると神経質なほど気になってしまう。あまり他人とは近くで話さないようにしてしまう。他人の口臭についてもやはりいい気はしない。ずっと一緒にいなければならない状況などだと具合が悪くなるしその人自体が嫌になる。歯医者に定期的にいく、歯間ブラシをする、正しく歯を磨くなど誰もが気をつけるべきことだと思う。また、口臭チェッカーもあるのでみんな積極的に利用するべきだと思う。